看護師転職のススメ ~転職体験談~

看護師転職体験談

学生から看護師を目指して

高校を卒業してから看護師になるため看護専門学校に通いました。
その後、専門学校の系列の病院に就職して看護師として働くことができ、仕事にもやりがいを感じていました。
ただ人付き合いが要領よくうまくできずに人間関係があまり良くなくて、重要な仕事の引継ぎがうまくいかないこともありストレスを感じる日が続き、日に日に不満が蓄積されていきました。
辞めたいと思うことが多くありましたが、どうしても5年は働かないといけない理由があり、思いとどまっていました。
それは、私は専門学校の系列の病院に就職したことによって、学生の時に申請していた奨学金が5年間働くことで返済が免除になるという特典があり、それを利用していた為です。
奨学金の返済は家計にも大きな負担を与えるので、5年間は我慢して働き続けようと考えました。
そして5年が経ち、晴れてその呪縛から開放されたと同時に、5年間働いた職場を去り転職することを決意したのでした。

転職活動開始

看護師の転職といっても、そうそう簡単に決められるわけでもありませんし、最初はどうしていいのかわからずに一人悩んでいました。
ハローワークは就職しながらでも利用できますが少し抵抗がありました。もっぱら駅や街頭で配られているフリーペーパーの求人票を見ていましたが、これだ!というのには当たりません。
そこで白羽の矢が立ったのがインターネットの看護師専門の転職サイトです。手軽だし豊富な求人票を見て転職先の病院を探すことにしました。
実際に求人票を見ていたら、今働いている待遇よりも、良い待遇で働かせてくれる病院が多くてびっくりしました。
看護師は忙しい仕事で、夜勤勤務もあるので求人票などを定期的にチェックすることはできません。
でももし今よりも良い福利厚生や給料体系が整っているなど、このような場合は転職しましょうとすすめたいと感じています。

看護師の転職で自分に見合った職場を見つける

インターネットの看護師転職専門サイトで実際に気になった求人を見て問合せをしたところ、明らかに現在よりも福利厚生が良く、給料も高くボーナスまであるところもありました。
それにこれから結婚して子供を産みたいと思っていたので、産休などについても調べました。
それまで働いていた病院では人間関係があまり良くないので、産休をとりたいという人には冷たい雰囲気がありました。
しかし問い合わせした病院では、産休期間が決められていて、その間は積極的に休みを取ることを奨励しているというので安心しました。
それに子育て中の場合は、夜勤はなく日勤だけにすることもできると知りました。
働く上で人間関係や病院内の雰囲気はとても大事ですし、給料も仕事のやりがいにつながってくると感じました。
そのため、少しでも条件が良い求人を見つけたら転職を考えることが良いと感じました。
今ではストレスがないといえば嘘になりますが、同じ境遇・転職組の同僚と仲良くなり、以前に比べて公私共に充実した生活を送れるようになりました。

転職するなら転職サイトを利用する

転職に不安はつきもの。
でも転職サイトを利用すると、アドバイザーの方が相談にのってくださったり、アドバイスをいただけたりと、一人で悩まずにすみますので、気分的にだいぶ楽に転職活動することができました。
その際は無理しない為にも勤務時間や転勤の可能性の確認、実際の給料として残業代や手当、ボーナスだったり昇給とかもきちんと確認して、生活に必要な金額が満たされているかはっきりと自分の中でもって望むと良いと思います。
看護師から他の職に就いた友人もいますが、やはり看護師に戻りたがる子が多いです。でもブランクをあけると元いた看護師の職にはなかなか就けないみたいです。
せっかくなれた看護師、今の看護師を去る前に、今いる職場を去って違う病院・施設で看護師を続けてみることをすすめたいと思います。
もし、ブランクがあいていても、まずは相談してみると良いかもしれません。
悩む前に実行!
少しでも看護師の仲間が続けてもらえれば幸いです。

転職先を決めるポイント

  • 転職したい理由を整理して箇条書きする。優先順位をつけて、許せる範囲を決める。まずはそれが満たされているをチェック
  • 基本給はもちろん、残業代、手当、ボーナスを含めた賃金を確認
  • 希望する休日条件、昼間だけで夜勤不可とかの勤務時間の確認
  • 希望先病院のホームページや患者さんの口コミ等をチェック

希望条件全てを満たす仕事はほぼほぼないと思います。どこまでなら妥協できるかを事前に確認しておきましょう。

応募書類

応募するの必要な書類が揃っているか確認しましょう。

看護師免許

まずはこれがなくては話がはじまりません。
もし紛失してしまった場合は、管轄の保健所にて再発行の手続きをしましょう。
また、結婚などで名字が変わっていたら、更新が必要です。こちらも管轄の保健所にて申請しましょう。

書類

【履歴書】言わずと知れた書類。証明写真も忘れずに。手書きで書いた方が間違いないでしょう。
【職務経歴書】転職であれば必要になるところが多いです。こちらは逆にワープロをおすすめ。自己PR文ですから、しっかりとアピールポイントを記載しましょう。
【成績証明書】国公立の病院や大規模病院などでは必要となる可能性があります。成績証明は卒業した学校にお問い合わせください。
【源泉徴収票】年度の途中で退職した場合には必要です。

看護師転職サイト

看護師のインターネット求人・派遣・転職探しのサイトをまとめました。
色々な転職の仕方があると思いますので、

看護師派遣の求人・転職・募集なら「レバレジーズ株式会社」




詳細情報・申込はこちら

看護師の求人・転職・募集なら「レバレジーズ株式会社」




詳細情報・申込はこちら

転職ボーナス35万円がもらえる看護師転職サイト「株式会社カスタマ」




詳細情報・申込はこちら

看護師無料会員登録「株式会社エイムプレイス」




詳細情報・申込はこちら

ナースではたらこ「ディップ株式会社」




詳細情報・申込はこちら

看護師求人なら看護師専門サイト「株式会社プロトコーポレーション」




詳細情報・申込はこちら

看護師専門の転職サイト「株式会社メディカルジョブセンター」




詳細情報・申込はこちら

逆指名転職なら「ナースコンシェルジュ」




詳細情報・申込はこちら